FC2ブログ

体験談

体験談 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

出会い系出会った美穂とは、女同士の清くない交際を楽しんでいる。
つまり、セックスもするレズということだ。
私は子供の頃から女の子にしか興味がなくて、年頃になると、かわいい子を好きなように弄んで、よがらせて乱れされるという妄想でオナニーしていた。
まあ、筋金入りのレズなのだ。
女子高でかわいい女の子とキスくらいはしたが、なかなか肉体関係までもてるパートナーがみつからず、社会人になってから、その妄想を現実にした。
いや、最近では、妄想以上のいやらしくて、激しいことをしていると思う。
それというのも、美穂がかわいくて従順だからだ。
ちょっとぽっちゃりとしていて、色白で大きなおっぱいをしている美穂は、小さな頃、男性に性的いたずらをされて、男性を受け付けないカラダになってしまったそうだ。
今でもよくいい寄られるらしいが、ぞっこんの恋人がいるからと、断っている。
美穂はかわいい顔をしているし、おとなしそうで、なんでもいうことをきいてくれそうだし、家庭的だし、お嫁さんにしたくなるようなタイプなのだ。
カラダも敏感で、よく濡れてしまるおまんこをもっているし、ぷりんとしたおしりも、手からあふれるおっぱいも、とても魅力的だ。
私が仕事の帰りに、美穂のうちに寄ると、エプロンをした新妻のような美穂が嬉しそうに玄関に迎えに来た。
白いパンティにエプロンのみだ。
歩くたびに、ゆれるおっぱいがエプロンの横からはみ出ている。
私はドアを閉めて鍵をかけると、美穂を抱きしめて、熱いキスをした。
美穂の唇はやわらかくて、舌も小さくて、とろけそうだ。
夢中になって、美穂の舌を追いかけ回しているうちに、口のまわりがよだれだらけになってしまった。
唇をはなすと、うっとりとした美穂が、
「おかえりなさい。ごはんできてるけど、先にベットに行く?」
ときいてきた。
私はパンティの上から、美穂のおしりをなでまわしながら、
「お楽しみは後にとっておくよ。」
と部屋に入って食事をした。

[出会い系レズバイブ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

出会い系出会った由香は俺にはもったいない彼女だ。
転勤で知り合いのいない地方にとばされ、ごろ寝ばかりの休日に嫌気がさして、書き込んではみたものの、一通もメールがこないまま、どんどん新しい書き込みに自分の書き込みが埋もれていって、あきらめかけたときに、由香からのメールが届いたのだ。
俺は学生時代以来のときめきを感じながら、メールを交換した。
由香からのメールが届いているかと思うと、仕事中もわくわくして、転勤して以来、はじめてうちに帰るのが楽しみになった。
会って失望されたら(もしくは、失望したら)という不安は杞憂に終わり、お互いに、びっくりするくらいに好みだった。
会ったその日のうちに、交際を決めて、休みのたびにデートを重ねた。
メールで普通は話さないような趣味嗜好を打ち明けあっていた俺たちは、あっという間に親密になり、三度目のデートでセックスに至った。



彼女の部屋に招かれて、彼女の手料理を食べ、ソファーでくつろぎながら、彼女の腰に手を回した。
彼女が俺の肩に頭をのせたので、そのまま、抱き寄せてキスした。
ふれるだけのキスから、舌を入れあって、お互いの口の中をなぞりあう濃厚なキスに移行する頃には、今日はもうえっちまでいけると確信した。
首筋を舐めながら、服を脱がせていき、ブラジャーをはずして、上半身を裸にする。
室内灯が明るかったので、彼女の白い肌と俺の手のひらサイズと思われるつんと上を向いた美乳がよくみえた。
彼女は両手でおっぱいを隠し、
「ベットにいきましょ。」
と俺を誘った。
それぞれ裸になってベットで抱き合うと、久しぶりの人肌にとても心が癒された。
おっぱいのやわらかい感触、すべすべの肌、丸みのあるライン、今まで自分がどれだけぬくもりに飢えていたかを思い知った。
自分の顔を由香の顔にすりあわせ、顔中にキスを繰り返す。
さらに、首、鎖骨、おっぱい、乳首までたどりつき、おっぱいを舌と唇で愛撫する。
大きくなった乳首はしゃぶりやすく、口の中でころがしやすい。
れろれろしているうちに、由香があえぎ声をあげはじめた。
「あ・・・ん・・・あん・・・。」
手のひらでおっぱいを包み込み、感触を堪能してから、足をぐいっと大きく広げる。
「あっ、やだ・・・。」
由香の抗議を無視して、べろべろとおまんこを舐めまくる。
「ああ・・・あん・・・汚いのに・・・。」
シャワーを浴びていないおまんこはメスのニオイが漂っていて、俺のちんぽはびんびんにいきり立った。
クリトリスをしゃぶって、舌でなでまわすと、由香はカラダをのけぞらせて、感じている。
スタイルだけでなく、感度もバツグンのようだ。
愛液をあふれさせているおまんこのワレメを指でなぞり、ぐにぐにとやわらかいさわり心地を楽しむ。
「ん・・・んん・・・。」
由香があえぎ声をガマンしようとしながら、もらしてしまうのに、興奮する。

[出会い系マジカノ中ハメ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

出会い系出会った美香はナースだった。
看護婦といえば、男の憧れる女性の職業の中のひとつだ。
俺は美香に頼み込み、ナースのコスプレでセックスしてもらうことに成功した。
もちろん、仕事で使っているナースの制服ではなく、コスプレ用の超ミニでピンク色のかわいいナース服を着てもらうことにした。
髪をかっちりとまとめ、ナース帽をかぶって、ピンクのナース服を着て、白いストッキングをはいている美香の姿はどこからどうみても看護婦だ。
「なんだか照れちゃうな。」
自分の部屋の中に看護婦が、ナースがいる喜びは、とても言葉では表現できない。
「今日はどうなさいました?」
看護婦口調で、美香が俺にきいてくれる。
「ちんぽがはれて戻らなくなったんです。」
俺は下半身ハダカになって、ナース服に興奮して勃起したちんぽを美香にみせる。
「あらら。それはたいへんですね。」
美香は俺の脚の間に、ヒザをつき、そっと両手でちんぽの根元を支えた。
「オナニーは一週間に、何回程度されていますか?」
俺の顔を見上げながら、真顔でそんなことをきく。
「二日に一回くらいのペースです。」
俺は妙に恥ずかしくなって、ちょっと赤くなりながら答えた。
「あなたくらいの年齢だとやや少ないかもしれませんね。一度、フェラチオで抜いてみましょう。」
美香はゆっくりと俺のちんぽを口にふくみ、ちぷつぷと口と手でしごき始めた。
ずっずる・・・と唾液が音を立てると、すべりがよくなって、さらに動きがスムーズになる。
「は・・・う・・・。」
思わず、あえぎ声がもれてしまった。

[出会い系ナース制服フェラチオ]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

出会い系で出会った人妻のアイは、スレンダーな知的美人だ。
週4くらいで外で働いているだけに、こぎれいな感じがする。
仕事や家庭のストレスをぱあっと発散するために、あとくされのないセフレがほしくて、出会い系を利用したらしい。
ホテル代彼女持ちで、女ざかりのカラダをたっぷりと堪能できる今の関係は俺にとっても理想的だ。
待ち合わせ場所でアイをピックアップし、即ラブホテルに直行する。
「シャワー浴びるから、好きなもの食べてて。」
彼女のストリップとシャワーシーンを眺めながら、ルームサービスのおにぎりで腹ごしらえして、これからのセックスに備える。
濡らさないようにまとめられた髪とメガネをとった意外と幼い素顔は、アンバランスで逆に萌える。
アイが桃色にほてったカラダにバスタオルを巻いてベットに来る頃には、俺のちんぽは臨戦態勢になっていた。
「ねえ、メガネかけてしゃぶってよ。」
俺が甘えたようにいうと、アイはため息をつきながら、メガネをかけて、俺の汚いままのちんぽをしゃぶってくれる。
冷たい印象をうけそうな整ったアイの顔が俺のちんぽを咥えて、うっすらと赤らんでいるのは、何度見てもいい。

出会い系セフレ人妻 その2 へ


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。